コーヒー道具一覧から探す

【カリタ】陶器製コーヒードリッパーの特徴や口コミ・評判をご紹介!

コーヒー博士

みなさん、こんにちは!コーヒーは博士と
豆兄弟です!

豆兄弟

カリタで売っている人気コーヒードリッパーはご存知ですか?

 

レトロな雰囲気と特徴的な素材で人気の高いドリッパーを今回はご紹介していきます。

カリタの陶器製コーヒードリッパーとは?

こちらが今回紹介するコーヒードリッパーです。

めっちゃレトロだね!

豆兄弟

コーヒー博士

昔ながらのカフェなんかでよく使われているコーヒードリッパーだぞぉ!

スペック

大きさ

1~2人用:高さ7×幅12×奥行き11cm

2~4人用高さ9×幅14×奥行き11.5cm

重さ

1~2人用:約297g

2~4人用:約410g

 ブラウン

 ブラック

 ホワイト

の3種類のカラーがあります。

 

コーヒー博士

ドリッパーの中でもかなりどっしりとした重さがあるぞぉ~

意外と珍しい陶器のドリッパー

 

まず目につくのは、陶器製ということではないでしょうか?

多くのドリッパーではステンレスやプラスチックといった素材を採用しているのにも関わらずカリタは陶器製を採用しました。

陶器って何?

豆兄弟

陶器とは?
陶土と呼ばれる陶器を作る専用の粘土を使って作る器。

土からできているため、割れやすいという特徴をカバーするためにいガラスの原材料になる長石などを混ぜて耐久性をカバーしています。

コーヒー博士

陶器は割れるから気をつけて扱わないといけないんだぞぉ〜

 

ドリッパーは基本的に落とすことがないから大丈夫だと思うけど、万が一のこともあるから注意しないとね!

というか・・・なんで陶器にするの?もっと固いものでいいじゃん

豆兄弟

わざわざ割れやすい素材を使うには訳があるんです・・・。

温かみのある陶器製

陶器というのは、厚いものが多く熱の保温性が高いです。

ドリッパーで淹れるときにちょうどいい温度と言われている80度前後という温度にするのはとっても難しいんです・・・

ですが、陶器製のドリッパーなので保温性が高く最適な温度で淹れることが可能になっています。

コーヒー博士

お湯の温度をせっかく80度にしたのにドリップしている時にどんどん温度が下がって味わい・香りが逃げちゃうことを防いでくれるぞぉ

ステンレスやプラスチックに比べて割れやすい

これもまた陶器製の特徴です。

ガラスよりも少し割れやすい素材になっているので、手を滑らせた・台所で落としたなんてときには

ほとんどの確率で割れてしまいます!

コーヒー博士

だから、美味しいコーヒーを飲むのにこだわるか耐久性の高いドリッパーにするかはあなた次第だぞぉ〜
僕は美味しいコーヒーが飲みたい!

豆兄弟

誰が淹れても美味しいコーヒーに!

 

カリタのドリッパーに限らず、ドリッパーが台形の形をしているものは

基本的に誰が淹れても美味しいコーヒーになります。

じゃあ、なんで円錐のドリッパーがあるの?

豆兄弟

コーヒー博士

あっちは湯量や速度を変えることで自分好みの味にするのに適しているんだぞぉ〜
MEMO
ドリッパーの形による違いの詳しいことはこちらの記事に書いてあります。

ハンドドリップとは?種類が色々!あなたはどのドリッパーにする?

台形のドリッパーには、抽出液を通す穴の種類がいくつかありますが

カリタの陶器製ドリッパーの場合は、小さな穴が3つあります。

これは、台形ドリッパーの中でも標準的な数です!

口コミ・評判

では、カリタの陶器製ドリッパーは皆さんどう思っているのかご紹介していきます。

レトロで雰囲気がいい

まず他のドリッパーに比べてデザイン性や質感が全く違うので、雰囲気がいいと絶賛のコーヒードリッパーです。

雑味や刺激のない味わいに

カリタの陶器製ドリッパーで淹れるコーヒーは、陶器の素材や穴の大きさ、数などの要素からあまり刺激のないあっさりとしたコーヒーに仕上がるという意見も多かったです。

ってことは、コーヒー豆の味の特徴とかわかるね!

豆兄弟

コーヒー博士

そうだぞぉ

まとめ

今回はカリタの陶器製ドリッパーの特徴や口コミ・評判などをご紹介しました。

  • 温かみがあり保温性が高い
  • レトロなデザイン
  • 安定して美味しいコーヒーに仕上がる
という特徴がありました!

コーヒー博士

いい雰囲気の中で飲むコーヒーは美味しいぞぉ〜

では、また・・・

コメントを残す