コーヒー道具一覧から探す

【ドリップポット】カリタの細口ポット(0.7L,1.2L,1.6L)の特徴とレビューをまとめてご紹介!

カリタにあるオシャレなドリップポッド,細口ポットの特徴やレビューなどのお話しをしていきたいと思います。

 

ハンドドリップでコーヒーを飲んでいる方は一度は,

 

口の細いドリップポットに憧れを抱いてしまうものです。

 

しかも,カリタのドリップポットは3種類のサイズから選ぶことが出来ます!

 

ってことで,お話ししていきます!

 カリタの細口ポットとは?

カリタの細口ポットには,

 0.7l
 1.2l
 1.6l

の3種類の大きさがあります。

オシャレなカフェで使われていそうなドリップポットです。

 

それでは,0.7lと1.2l,1.6lの細口ポットのそれぞれのスペックをまとめていきます。

0.7l

実は,0.7lにだけ下の3種類のカラーがあります。

 チェリーピンク
 ペパーミントグリーン
 マンゴイエロー

大きさ

197×97×160mm

重さ

460g

容量

700cc

材質

ステンレスのみで作られています。
そして,板厚は0.6mmと非常に薄いです。
なので,熱が伝わるのが早いので沸騰するのも早いです

1.2l

こちらは1.2lの細口ポットとなっております。
大きさが違うだけなので見た目はそのままですね。
なので,0.7lと違うところだけ書いていきますね。

大きさ

230×110×200mm

重量

595g

容量

1.2l

1.6l

こちらは1.6lの大きめサイズのドリップポットになっております。

大きさ

底径13cm
本体の大きさは分かりませんでした・・・

重量

780g

容量

1.6l

シンプルなデザイン

 

全体がステンレスで出来ているので,非常にシンプルに感じます。

 

そして,なんと言っても細い口!

これほど細いのでコーヒーを淹れる時の湯量や自分のイメージ通りの蒸らし方など出来ますよね。

 

なので,細口ポットは自分のイメージしたコーヒーの味を再現するのには欠かせないアイテムですね。

 

ステンレスの高級感

 

シンプルなデザインに,ステンレスの質感なのでなんだか

とても高級なポットに最初見た時は思いました。

 

しかし,そんなことなくコーヒー初心者でも手が出せるような価格だったので

多くの人が愛用している1つの理由だと思います。

 

 

IHには対応しているの?

 

残念ながらカリタの細口ドリップポッドはIHに対応していません・・・なので,コンロなど火を使って沸かすことになります。

 

 

 カリタの細口ポットの特徴

それでは,実際に使った人や愛用している人の理由なんかをまとめていきたいと思います。

 使い勝手がいい

ガスコンロにそのままかけて湯を沸かしコーヒーを淹れるのに非常に合っています。

 

サイズも大きすじでなくまた余裕もあるので一番いい大きさではないでしょうか。

 

物としても形状等愛らしいし,愛着が湧き長年使っていけます。

 

 コーヒーには必須

細口ポットだと上手に注ぐことができますし,注ぐ量の調整もしやすいです。

 

細口なのでコーヒーを淹れる際にお湯の量で失敗することが少ないんです。

そして,1人分なら0.7lの方でもお湯の量は十分です。

 

大きさと使う量によっては0.7lの方がいいかもしれませんね!

 取っ手が・・・

取っ手部分もステンレスのため取っ手が熱くなるので火傷する可能性があります。

 

ステンレスは熱を伝えやすいというメリットもありますが,

その分取っ手も熱くなります・・・なので,タオルの上から掴むなどの工夫が必要になりますね。

 フィーノの方がいい!?

品質は最高ですが・・ハンドドリップ初心者にはフィーノの方がいいかもしれません。

ドリップポットとしての性能はフィーノの方が高いかもしれません...

 

取っ手も熱くなる心配ありませんし。

後は見た目,デザインでの判断になりそうです。

 

取っ手が熱くなるのがデメリットですね...
ちなみにこちらがフィーノです。

 こんな人におすすめ

では,どんな人にカリタの細口ポットはおすすめなのかお話ししていきます。

 オシャレなインテリアとしても使いたい

見た目は非常にオシャレで文句ないので,

多くの人はインテリアの1つとして部屋に飾るという意識もあります。

 

なので,淹れる時に使うというポットとしての機能も

もちろんインテリアとしてオシャレ感を出したい時にもとても使えるドリップポットです。

 ステンレスの高級感を大事にしたい

カリタの細口ポットは,全体的にステンレスで出来ているので持ち手が熱くなるという

デメリットもあります。

 

しかし,カリタはあえて取っ手の部分をステンレスにすることでオシャレなフォルム・質感を

大切にしているんだと思います。

 湯量にこだわりたい

コーヒーというのは,湯量がとても大切になってきます。

お湯が多すぎると薄くなる。

お湯が少なすぎると濃すぎる。

ちょっとした違いでも味に影響が出てしまいます。

 

なので,淹れる時に出来るだけ失敗を無くしたい人にはぜひおすすめです。

 価格は?

では,どれくらいの価格で買うことが出来るのか見ていきましょう。

初め私は1万円くらいだと予想していました・・・

 

カリタの公式サイトで見てみると,

どのサイズも5000円以上でサイズが大きくなるにつれて値段も高くなっていきます...

 

なので,Amazonが一番オススメです。

0.7lで3970円と非常にお得な値段でした。

 

他のサイズも公式サイトよりも全然安いです。

※私が見た時の値段なので,再度チェックお願いします。

まとめ

今回は,カリタの細口ポットの
 0.7l
 1.2l
 1.6l
をそれぞれご紹介しました。

サイズで迷っている方は,1.2lがちょうどいいかなと思います。

1.2lのサイズで不満に思っている人はほとんどいませんでしたし,それ以上使うこともないと思うので・・・

では,また・・・

コメントを残す