コーヒー道具一覧から探す

ESPRO(エスプロ)のトラベルプレスの特徴や評判・口コミをまとめてご紹介!

ESPRO(エスプロ)から出ているコンパクトで持ち運びもできるトラベルプレスはご存知ですか?

 

アウトドアや外出先でも高級感ある香りと味わいを楽しみたい人に人気のトラベルプレス。

 

とてもコンパクトで持ち運びが簡単なESPROの特徴や口コミなど色々お話ししていきます。

ESPROのトラベルプレスとは?

こちらがESPROのトラベルプレスです。

フレンチプレスに比べるととてもシンプルな造りで取っ手もなくカバンに入るサイズ感ですね!

色は

 ブラック
 ホワイト
 シルバー

の3種類あります。

それではスぺックを見ていきましょう

大きさ

 

直径7cm×高さ20.5cm

 

水筒ほどのサイズですね。
細長なので,カバンにも十分に入ります。

 

重さ

 

約350g

 

容量

 

300ml

 

アウトドアでも使えるということで1人用の容量です。

なので,2人以上にコーヒーを淹れたい場合は少し小さいですが,
1人なら家でも淹れることが出来るので使い勝手が良いですね。

ESPROの特徴は?

続いて,特徴を見ていきましょう!

ダブル・マイクロフィルター

ESPRO(エスプロ) トラベルプレス コーヒー用 ブラック 5012C-15BK
ESPROのトラベルプレスではダブル・マイクロフィルターが採用されています。

2重フィルター構造になっていることで,小さいコーヒーの微粉も抽出されることなく雑味が増えることがないので
コーヒー豆本来の味を簡単に楽しむことが出来ます。

2重構造のフィルターは一般的には少ないのでトラベルプレスで2重構造は絶賛される1つの理由ですね。

ステンレス真空2層

 

トラベルプレスは,
旅行やアウトドアはもちろん登山なんかでも使われることがあります。

なので,必要となるのは保温性です。

年中いつでも暖かいコーヒーを飲むためですね!

そのためにESPROではステンレスを2層にすることで高い保温性を実現しています。

ガラス製のフレンチプレスに比べると,その保温性は明らかに違います。

まぁガラス製のフレンチプレスは家で楽しむのであまり保温性は大切ではないですけどね!

ESPROの口コミ・評判は?

みなさんはどう思っているのかまとめていきます。

メッシュフィルターがきめ細かい

 

フィルターの質の高さを絶賛する人が多かったです。

しかも,2重になっているので

「微粉が出なくて嬉しい」
「最後まで美味しく飲める」

など,一般的なフレンチプレスの弱点をしっかりと補えていますね。

 

カフェで飲むような味わい

 

いつもカフェで飲んでいるような味わいをこれ1つで再現することが出来ます。

 

そして,トラベルプレスということもあって自然の中で飲むコーヒーは
さらに美味しく感じますよ!

 

缶コーヒーやインスタントコーヒーをアウトドアで飲んでいる人は
もっと美味しいフレンチプレスで淹れたコーヒーを飲んでほしいです。

こんな人におすすめ

では,ESPROのトラベルプレスはどんな人におすすめかお話ししていきます。

家でも外でもコーヒーが飲みたい

 

ここまで簡単でいつでもどこでもフレンチプレスはなかなかないです。

アウトドアや仕事場など外出先で淹れたてのコーヒーが飲めます。

つまり,コーヒー好きには必須アイテムとなるので
一日に何度もコーヒーを飲みたい人・飲んでいる人はおすすめです。

 

水筒にいつもコーヒーを入れている

 

家でコーヒーを作ってから水筒に入れて,
どこかに出かけている人は
ESPROのトラベルプレスに変えた方がいいかもしれません!

 

保温性が高いステンレスといえど,多少香りや味わいが逃げてしまいます。

でも,ESPROの場合淹れたてのコーヒーが楽しめるので
空で持っていくことも出来ます。

なので,水筒が重かったり淹れたてが飲めなくて不満に思っている人におすすめです。

 

コンパクトなフレンチプレスが欲しい

 

家でも美味しくコーヒーを淹れることができるので,

「もっとコンパクトなフレンチプレスが欲しい」
「置く場所がない」

と思っている人におすすめです。

性能としては一般的なフレンチプレスよりも高いので多少値段は張りますが,
1人用としてはかなりコスパがいいです。

ステンレスで出来ているので耐久性にも優れています!

まとめ

 

今回はESPROのトラベルプレスをご紹介しました。

アウトドアや出かけ先で新鮮なコーヒーが飲めるという
コーヒー好きには見逃せない大切なアイテムになりそうですね!

 

よいコーヒーライフを送ってください・・・

では,また・・・

コメントを残す