コーヒー道具一覧から探す

【デロンギ】コーヒーグラインダーKG79Jの口コミ・評判や特徴などまとめてご紹介!

コーヒー博士

やぁ!コーヒーを楽しんでいるかい?
こんにちは!

豆兄弟

 

グラインダーの中でも、かなりコスパのいいデロンギのKG79Jがとても評判がいいです。

そこで今回はあのエスプレッソマシンで有名なデロンギが出すグラインダーについての特徴や口コミ、どんな人にオススメのグラインダーなのかご紹介していきます!

デロンギ?

豆兄弟

コーヒー博士

イタリアのトレヴィーゾに本社を構えている世界的ブランドだよ。

デロンギのコーヒーグラインダーKG79Jとは?

こちらが今回ご紹介していくコーヒーグラインダーのKG79Jです。

かなり四角い印象を受けますね!それでは、まずはスペックから見て行きましょう!

大きさ

幅13×奥行き16×高さ26cm

 

グラインダーの中では、まぁまぁコンパクトな方ですね。

この程度の大きさであれば、どこの家庭のキッチンでも邪魔になることはなさそうです!

重さ

1.5kg

容量

ホッパー120g

粉受け100g

 

粉受けが100gなので、一度に最大でコーヒー約10杯分のコーヒーを飲むことが可能です。

カッター

臼式

デロンギのコーヒーグラインダーKG79Jの特徴は?

それでは、続いて特徴を見ていきましょう!

他のグラインダーとはどこが違うのかな?

豆兄弟

デロンギの特徴である機能性抜群!

この特徴は、KG79Jに限った話ではありません。

デロンギは、コーヒー初心者の方から愛好家の方まで愛されるほど簡単で詳細まで設定することができる機能性がとても特徴的です。

 

KG79Jで言えば、

杯数ダイヤルが付いていて挽きたい量を設定

 粒度ダイヤルで仕上がりの粉の大きさを設定

 

そして、豆をセットしたらあとは電源ボタンをオンにするだけで挽けてしまいます。

 

設定の杯数に達した時は自動で電源をオフにしてくれます。

なので、挽きすぎや電動ミル・グラインダーの故障の原因となるカッターの空回りを抑えてくれます。

デロンギだからこそ極細挽きの性能が高い

デロンギはグラインダーよりもエスプレッソマシンに力を入れています。

なんでエスプレッソなんだろ・・・。

豆兄弟

コーヒー博士

イタリアの人はエスプレッソを日常的に楽しむからだよ。

そのため、グラインダーもエスプレッソに対応しているのです。

 

業務用のグラインダーの性能には、劣ってしまうものの

かなりの性能でエスプレッソ用コーヒー粉にしてくれます!

しかも、比較的お手頃な値段だしね。

豆兄弟

コーヒー博士

そう!だから、人気の高い臼式のグラインダーなのかも。

静電気が起こりやすい

他のグラインダーよりも静電気が起こりやすいのが唯一のデメリットかもしれません。

 

粉受けがプラスチックでできているので、

壁にくっついたり粉受けの側面にコーヒー粉が散らばったりします。

 

なので、メンテナンスの回数も多くなりそうなグラインダーです!

デロンギのグラインダーKG79Jの口コミ・評判は?

それでは、多くの人はデロンギのグラインダーKG79Jをどう思っているのか見て行きましょう!

細挽きには強いが粗挽きに弱い

デロンギのいいところでもあり、悪いところでもありますね。

 

デロンギはエスプレッソにめっぽう強いブランドなので、どうしても挽き加減も細挽きになりがちです。

なので、苦いのが苦手でよく粗挽きにしてコーヒーを飲むという人や

フレンチプレス・ネルドリップで淹れたい人には向いていないグラインダーです!

なんでフレンチプレスとネルドリップなの?

豆兄弟

コーヒー博士

この2つの淹れ方は粗挽きで挽きのが主流だからねぇ。

細挽きの粒度はしっかり

反対に、細挽きのドリップやエスプレッソ、マキネッタ、サイフォンの淹れ方にはとても強いですね。

 

満足している方は細挽きでコーヒーをよく飲む人で

不満足の方は中挽きから粗挽きに多かった印象です。

 

細挽きにすると、ほとんどムラがないコーヒー粉に仕上げることができるので

かなり本格的なコーヒーを楽しむことができます!

静電気がすごい

かなり静電気の強いグラインダーで不満の声が一番多かったです。

 

コーヒー豆をいつも統一している人ならそこまで気にならないかもしれませんが、

コーヒー豆を何種類か使いまわしている人にとっては、ちょっと不安な要素になるかもしれません!

 

というのも、静電気でかなり微粉が内部に溜まってしまうので

コーヒーの種類を変えた時に混ざってしまい味が変わってしまう恐れがあります・・・。

こんな人におすすめのグラインダー

では、どんな人におすすめのグラインダーなのかご紹介して行きます。

デロンギのエスプレッソマシンを使っている

エスプレッソが好きでエスプレッソマシンもデロンギのものを使っている人にはまずおすすめです。

エスプレッソとの相性も抜群です!

 

先ほどもお話しましたが、エスプレッソのような極細挽きまでかなり綺麗でムラなく挽くことができますが、

反対に粗挽きの性能はあまりよくないのでそこだけ注意が必要ですね。

コスパのいいグラインダーを探している

KG79Jはグラインダーの中では、かなりコスパのいい方です。

 

グラインダーは電動ミルに比べるとどれも高いですが

このグラインダーはちょっと高い電動ミルほどの値段+臼式なのでかなりコスパがいいです。

グラインダーと電動ミルの違いって?

豆兄弟

コーヒー博士

基本的に同じ意味だけど、

電動ミル・・・プロペラ式で安価

グラインダー・・・臼式・コーン式・フラットカッターなど本格的で高級

と2つの違いがあるとよく言われているよ!

まとめ

 

今回はデロンギのグラインダーKG79Jについてご紹介しました。

機能性が高い
 細挽き・極細挽きに強い
 粗挽きに弱い
 静電気が強い
という特徴があるので、ぜひ参考にして見てください!

ぜひ参考にしてね!

豆兄弟

コーヒー博士

良いコーヒーライフを送ってくれな

 

では、また・・・

コメントを残す