コーヒー道具一覧から探す

【グラインダー】みるっこDXとナイスカットミルを比較!特徴や口コミ・評判などは?

コーヒー博士

みなさん、どうもどうも!コーヒー博士と
豆兄弟だぞぉ!

豆兄弟

 

プロがよく使う電動ミル・グラインダーの中でも、人気で満足度の高いものとして有名なのが

みるっこDXとナイスカットミルがあげられます。

確かにこの2つはよく聞く!

豆兄弟

コーヒー博士

性能で言うと、グラインダーの中じゃこの2つが頭一つ抜けているぞぉ。

 

そこで今回はみるっこDXかナイスカットミルかで悩んでいる人たちに比較をしてどちらがいいのかご紹介していきたいと思います!

スペックの比較

みるっこDX

フジローヤルから出ているみるっこDXです。

 

カッターは臼式とカット式があり、カット式の方が高価になります。

なんで?

豆兄弟

コーヒー博士

臼式はエスプレッソ用の極細挽きに対応していないんだ・・・。

だから、どうしても粒度の調整が効きやすいカット式の方が高いんだよ。

大きさ

16.5×24.5×36cm

重さ

5kg

容量

ホッパー200g

カッター

臼式・カット式

スペック

1分間に約250gの豆を挽くことが可能です。

ナイスカットミル

1分間に挽ける量がみるっこDXに比べると少なめです。

みるっこDXの方が良さそうだね!

豆兄弟

コーヒー博士

そうとは限らないんだ。早く挽ける分熱が発生しやすくてどうしても雑味が増すリスクがあるんだよ。

大きさ

12×21.8×34.3cm

重さ

2.3kg

容量

ホッパー200g
粉受け100g

カッター

カット式

スペック

1分間に約130gの豆を挽くことが可能です。

どちらのグラインダーが性能が高い?

みるっこDXとナイスカットミル、どちらもかなりの性能を持っていることは間違いありません!

ですが、それぞれ少しずつ特徴が違うので比較をしながらご紹介していきたいと思います。

個人の考え方が大切になる!

どちらもグラインダーの中では最高峰なことは間違いありません!

この2つを比ベるときに基準となるのが挽く速さです。

さっきも少し話してたね!

豆兄弟

コーヒー博士

それだけ大事なものになってくるんだぞぉ!

 

この2つの挽く速さ(1分間)は

・みるっこDXが250g

・ナイスカットミルが130g

と倍近い速度の違いがあります。

 

みなさんにとっての挽き性能はどちらですかね?

①速く挽けてすぐに飲めるミル

②徹底的に仕上がりを意識したミル

どちらの方が挽き性能が高いように感じますか?

コーヒー博士

個人差やグラインダーを買う目的が違うからどちらが正解とは言えないんだ・・・。

 

みるっこDX、ナイスカットミルを①、②にそれぞれ分類してみると

①みるっこDX

②ナイスカットミル

と言えますね。

みるっこはスピード、ナイスカットミルはクオリティね!

豆兄弟

コーヒー博士

回転速度が2倍も違う分熱の発生も2倍変わってくるんだ・・・。

趣味でコーヒーを飲んでいる人ならほとんど差がないように感じるかもしれないが、

プロやこだわりの強い人は誤差でも許せないんだよ!

2つとも業務用ミルを小型化させたもの

どちらのミルも業務用顔負けの性能を持っています!

 

基本的に業務用ミルはプロや焙煎士が使うものなので、家庭で使うことがほとんどないんですが

家庭でも高級なコーヒーを楽しみたい人はみるっこDXやナイスカットミル、ネクストGのような業務用の小型バージョンを買います。

 

業務用特有の粒度の統一感、摩擦熱の発生のしにくさ、細かい粒度設定など完璧に行うことができるので

どちらを買っても損をすることはないでしょう!

さっきみるっこDXは摩擦熱発生するって言ったじゃん!

豆兄弟

コーヒー博士

あれはナイスカットミルと比べたときの話!他の電動ミルやグラインダーとは比べものにならないぞぉ!

二つの口コミ・評判の違い

それでは、口コミや評判を比較して見ましょう!

ほとんど使っている感じ使い勝手に違いはなさそうだね・・・。

豆兄弟

コーヒー博士

そうなんだ・・・。だけど、みるっこDXもナイスカットミルも製造を中止してしまっているらしくどんどん値上がりをしているらしいぞぉ!

 

最近ではナイスカットミルの方がお手頃なのでナイスカットミルの方が人気が高いです。

みるっこDX

みるっこDXはあまり購入している人がいないのが特徴的です。

コーヒー博士

だからその分口コミとしての情報が少ないんじゃ・・・。

それもそのはず、生産を終了してしまっているので国内にあるみるっこDXの数が限られてしまっています!

なので、みなさんみるっこDXを欲しがっていると言った状況ですね。

 

使っている人の声としては、

「電動ミルだけでこんなにコーヒーが変わるのか!?」

「コーヒー粉がふわふわしている」

と言ったように満足度の高いものでした。

 

私が聞いた話、調べたところによると

不満な声は一つもありませんでした!

ナイスカットミル

ナイスカットミルを使っている人の声の多くが、

「カフェ・喫茶店の味を再現することができる!」

「店のコーヒーより美味しいかも。」

と言った風にプロの味に近いコーヒーを楽しむことができるという声が多かったです。

 

後は、

「挽いているときの音が静か」

「本当に電動ミル!?ってくらいうるさくない。」

と言ったように挽き性能以外の部分での評価も高かったです!

結局どちらの方がおすすめ!?

私がおすすめしたいのはナイスカットミルです!!!

 

今みるっこDXはかなり高値で取引されているので、ナイスカットミルよりも優れた性能を持っていると思うかもしれませんが

そんなことありません。

 

ナイスカットミルもカット式の中で最高の挽き性能を誇りますし、

挽き性能以外の音やメンテナンスといった部分でもみるっこDXよりも上回っていると感じました!

コーヒー博士

みるっこDXは今や電動ミルとは思えないほど値段が高いんじゃ・・・。

まとめ

 

今回はみるっこDXとナイスカットミルの比較について色々ご紹介してきました。

 

どちらを買おうか悩んでいる人も多いと思うので、ぜひ参考にしてください!

参考になるかな?

豆兄弟

コーヒー博士

最後まで読んでくれてありがとう。

 

では、また・・・

コメントを残す