コーヒー道具一覧から探す

【カリタ】ラウンドスリムミルの特徴や性能は?

カリタの手動ミルであるラウンドスリムミルは,

シンプルなデザインとスケルトンが特徴的な手動ミルです。

 

「高性能な手動ミルを使いたい・・・」

「一生使っていける手動ミルが欲しい」

なんて人はぜひ参考になると思います。

 

今回は,手動ミルのラウンドスリムについての特徴や口コミ,レビューについてお話ししたいと思います。

ラウンドスリムとは?

こちらがご紹介する手動ミルのラウンドスリムです。
まずシンプルなデザインにコンパクトな形が目に入ります。
それでは,大きさなどの特徴を見ていきましょう!

大きさ

18.5×9.4×22.7cm

重量

約758g

容量

ホッパー(コーヒー豆)は最大で35g挽くことが可能です。
粉受けは45gの容量があります。

1杯あたり必要なコーヒー豆が大体10gなので,十分な量だと思います。
でも,満タンにしてコーヒー豆を挽いていると腕が疲れると思うので
大さじ1杯程度がちょうどいいと思います。

素材

カッターの部分は,炭素鋼が採用されています。

カリタのラウンドスリムミルの良い・悪いところは?

実際に使っている人や愛用している人たちの口コミ・評判をまとめていきます。

 最強の手動ミル

本当に高性能・高品質な手動ミルです。

というのも,どの通販サイトやレビューを見ても低評価やデメリットなどの意見がほとんど見当たらなかったです。

 

このミルは他のミルに比べて少し値段が高いのですが,

手動ミルにこだわる人・ずっと使いたい人にはこのくらいの値段を出しても全然アリだと思います。

 早い

同じ価格帯の手動ミルには,

ザッセンハウスという手動ミルがあるのですが

個人的にザッセンハウスより切れ味は素晴らしいと思います。

 

ただレトロな雰囲気・アンティークな手動ミルをインテリアとして使いたい人には

ザッセンハウスの方がいいかもしれません。

 

ザッセンハウスは下の写真のような高級感ある(実際高級)な手動ミルです。
他にも種類があります。

 たまに外れる

洗うのが簡単は反面,気を付けないと外れてしまうこともあります。

慎重に扱った方がいいですね。

 

長所が短所になってしまってますね・・・

でも,取扱説明書の通りに丁寧に扱うだけで外れるようなことはないと思うので大丈夫です。

 レトロなデザインじゃない

手動ミル=レトロ・アンティークな雰囲気と思っている人だったり,欲しい人には

少し印象が異なるミルになっています。

 

ただデザイン的には,とてもシンプルなので

基本的にどんなデザインのキッチンや部屋でも馴染むのでオシャレな脇役として

インテリアで使えると思います。

 

どんな人におすすめ?

さて,この商品はどんな人におすすめなのかお話ししていきます。

 切れ味が良い・切れ性能の良いミルを使いたい

ラウンドスリムミルの切れ味の源としては,

カッターに炭素鋼が使われているところです。

 

炭素鋼なので,強度が鋳鉄型カッターとは違いより

強度の高く,粒度のムラがほとんどないコーヒー粉にすることが出来ます。

 粉をフィルターに移す時に苦労したくない

手動ミルの多くは,

 

出来上がったコーヒー粉をフィルターに移す際に

静電気で粉受けに多少の粉がくっついて離れないということが起こります。

 

 

そうなったときは,手で取るかブラシを使うしかないので面倒くさいですが

ラウンドスリムミルには帯電防止剤があるので

粉受けからフィルターに移す際もスムーズにストレスなく移すことが出来ます。

 長い間使えるミルが欲しい

 

ラウンドスリムミルを使っていると,

他の手動ミルよりも優れているので

ずっと飽きることなく使える手動ミルです。

 

デザインに飽きることがなければ,ずっと使っていられるほどの性能なので

ミルをいちいち選びたくない人にはオススメです。

価格は?

さて,性能の高いラウンドスリムミルを紹介しましたが,

価格はいくらするのでしょうか!見ていきましょう・・・

 

カリタの公式サイトから購入しようとすると,

本体価格で11500円します,高いですね・・・

 

なので,Amazonか楽天で購入した方が安く手に入りそうです。

そして,調べてみると

 Amazon

7363円

 楽天

8000円弱

 

でした。

どちらかの通販サイトが一番安いと思います。

まとめ

 

今回はカリタのラウンドスリムミル クリアーについてお話ししました。

 

高性能・高品質の手動ミルをお探しの人はぜひおすすめですよ!

 

それでは,良いコーヒーライフをお送りください。

 

では,また・・・

コメントを残す