コーヒー道具一覧から探す

【レビュー】BOSSプレミアムボスブラック390gを実際に飲んだ感想やカフェイン量などご紹介

紹介する商品はこれ!

プレミアムボスブラックとは?

ボスの中でも”最強のコク”を引き出す缶コーヒーで、2015年3月10日から発売が開始されました。

BOSSは1992年に登場してからサラリーマンを中心とした”働く人の相棒”をテーマに多くの人から愛される商品として人気です。

働く人の相棒のコーヒーに大切な要素として味よりもカフェインが主に注目されていて、”目覚まし・集中力アップ”のための飲み物となっていましたが・・・今回紹介するプレミアムボス ブラックは、たっぷり入ったカフェインだけでなく”コクのある味わい”で缶コーヒーの中でもトップクラスの人気です。

へ〜カフェインのためだけでなくて味を求める人にもおすすめのコーヒーになっているんだね

豆兄弟

コーヒー博士

そうなんだ。従来の缶コーヒーとは違って、雑味とか後味の苦味をできるだけ取り除くために挽いた豆の微粉をすべて取り除いているんだ・・・ここまでのこだわりがあって完成するコーヒーだからね。なかなか期待できるよ。

他にも285gの大きさもあります。

レビュー

  • STEP.1
    見た目

    IMG 7507

    ボスブラック史上”最高峰のコク”と書いてありますね。

    ここまで書くとかなりハードルが上がりそうだけど・・・。笑

    豆兄弟

    ボスプレミアム ブラックはたまにパッケージのリニューアルを行いますが、中身は同じなので安心してください。

  • STEP.2
    どんなコーヒー?

    IMG 7511

    コーヒー豆、製法、焙煎。そしてさらに、抽出。

    全ては最高峰のコクのために、プレミアムな味わいを、あなたへ。

    • ブラジル最高等級豆ブレンド※
    • コクを引き出す微粉砕コーヒー

    ※高級豆ブラジルNo.2において、味覚評価で最高グレードの豆を51%使用

    プレミアムボス ブラックいう名前は、 (コクが)プレミアム(な)ボス(の)ブラック(コーヒー)という意味になっているのではないかな?というほどコクにこだわりのある缶コーヒーですね!

    コーヒー博士

    コーヒーのコクは大切だからね・・・コクが強いコーヒーってパンとかサンドウィッチとかにめちゃくちゃ合うよ

    IMG 7510

    ホットでもアイスでも飲める缶コーヒーになっていますが・・・缶なのですぐに冷めてしまう恐れがあるので、できるだけアイスで飲むことをおすすめします。

    ペットボトルコーヒーと缶コーヒーはどちらが美味しいのか?飲み比べてみた

  • STEP.3
    味は?

    それでは飲んでいきたいと思います・・・

    IMG 7509

    コーヒー博士

    中身が飛び出る可能性・・・まぁほとんどないですが、一応振らないで飲んでね

    ゴクゴク・・・プハぁ〜!!!

    一言で感想を言うと、飲みやすい!

    コクが強い分、クセも強いのかな?と偏見を持っていましたが・・・スッ〜っと入っていきます。後味もスッキリしているので、文句ないです。

    全体的に味は缶コーヒーの中でも濃密で苦味が強いですが、他のコーヒーよりもスッキリしています。

    なんかさカフェに似ていない?

    豆兄弟

    コーヒー博士

    そうだね。缶コーヒーというよりもタリーズやドトールとかのカフェでのむブラックコーヒーに似ているね。ただ香料が入っているから少し缶コーヒー感もあるけど・・・。

    コクの強さは缶コーヒーのレベルを超えていますね。スッキリさは、UCCのブラックコーヒーの方がある印象でした。

  • STEP.4
    カフェイン量は?

    プレミアムボスのカフェイン量は100gあたり50mgでした。

    仕事の眠気覚ましや集中力アップをしたい人にも嬉しいカフェイン量となっています!

    モンスターの36mgとかレッドブルの30mgに比べると、全然多いね

    豆兄弟

    コーヒー博士

    そうだね。しかも量も豊富で390g入っているから他の缶コーヒーよりも1本で摂れるカフェインの量は多めになっているよ。

    195mgのカフェインが摂れるからね!

    成人男性で摂れるカフェイン量が1日400mgなので・・・多くても1日2本にしましょうね。

  • STEP.5
    みんなの声

  • BOSSのプレミアムボス ブラックを実際に飲んだ感想やカフェイン量、味などをご紹介しました。

    他のコーヒーにはない味わいとコクを楽しめる缶コーヒーになっているので、気になった人はぜひ飲んでみてください!

コメントを残す