コーヒー道具一覧から探す

【コロンビア】コーヒーの概要と味の特徴,おすすめのコーヒー豆などご紹介

コーヒー豆の世界生産量3位のコロンビアは,

コーヒーで世界的に有名ですが...

 

コロンビアは南米で,

コーヒー生産量1位のブラジルと同じなんです。

なので,一般的にはあまり注目されていなくコーヒーについてあまり知られていないです。

 

なので,今回はコロンビアのコーヒーについて色々お話ししていきます。

 

「コロンビアのコーヒーって美味しいの?」

「どんな味がするの?」

「おすすめのコーヒー豆を知りたい!」

 

コロンビアについてこの記事を読めば全てわかります!

全ては言い過ぎか・・・笑

 

では,お話ししていきます。

300年近いコーヒーの歴史ある国,コロンビア

コーヒーの歴史があるコロンビアについてみていきましょう。

コロンビアのコーヒーの歴史と文化

コロンビアは,1730年にコーヒー豆の栽培が始まりました。

ブラジルのコーヒーが始まったのが1727年なので,ほとんど同じ時期にコーヒー生産は始まりました。

 

そして,1800年の始めに商業化が始まりコロンビアはコーヒーに力を入れ始めます。

 

 

1927年には”コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)”が設立されるなど世界的にだんだん

コロンビアのコーヒーが認められ始めます。

 

 

・・・余談ですが,コロンビアの上位3%未満の高級豆はエメラルドマウンテンとしてコロンビアコーヒー生産者連合会に認定されます。

なので,缶コーヒーで有名なエメラルドマウンテンはコロンビアの高級な豆を使って作られています。

 

そして,コロンビアコーヒー生産者連合会が設立されて,

生産から消費者に届けるまでの流通の質がそれ以前に比べて

高くなりました。

 

今では,コロンビアの中でも50万もの農家がコーヒー生産に携わっています。

 

なので,コロンビアではコーヒーは切っても切れない関係なんです!

コーヒー豆の生産量は?

コロンビアでは年間で約87万トンものコーヒー豆の生産が行われていて,

 

注目すべきなのが,87万トンの全てのコーヒー豆がアラビカ種です。

世界にはコーヒー豆の第三原種というのが,あり

 アラビカ種

 ロブスタ種

 リベリカ種

の3つが主に流通しているのですが,

その中でもアラビカ種は高品質として人気があります。

そして,市場に流通しているコーヒー豆のほとんどがアラビカ種です。

 

その背景を頭に入れた時,

コロンビアはかなりコーヒーに力を入れていることが分かります。

コロンビアのコーヒーの主な概要

力を入れているコロンビアのコーヒーの概要をお話ししていきます。

 

世界市場シェアランキング

3位

 

世界市場で約10%がコロンビアで生産されています。

主な品種

ブルボン,ティピカ,カツーラ,マラゴジーベ

収穫時期

ほとんどの収穫は

10~2月の間で行われ,

 

残りの収穫は

4~6月に行われます。

精製方式

ウォッシュド

コロンビアのコーヒーの味の特徴

それでは,コロンビアのコーヒーは一体どんな味がするのかを

 

項目ごとにお話ししていきます。

 酸味

強い酸味があります。

 

しかし,キリマンジャロのような主張の強い酸味があるのではなく

ほどよい酸味が口にひろがります。

 

 甘味

コロンビアのコーヒーの特徴としてあげられるのが,

甘味です。

苦味はあまりなく,甘味が強いので

シロップやミルクなしでブラックのまま楽しめる人も多いです。

 

甘味が強いのでコーヒーがブラックコーヒーが苦手な人でも楽しめます。

 

 苦味

苦味はほとんどないです。

コロンビアは特殊な味わいがあるので,苦味よりも甘味の主張が強いので

ほとんど苦味は感じられません。

 

 コク

コクの強さはそれほどありません。

 

でも,普段みなさんが飲むコーヒーとは違うコクを感じることが出来ます。

 

 香り

甘い優しい香りです。

 

手動のミルで挽いてみると,コロンビアのコーヒー豆の優しい香りを実感することが出来ます。

 

全体的な特徴として,

強い甘味と酸味が特徴的なコーヒーです。

コロンビアのおすすめコーヒー豆

それでは,

どんなコーヒー豆で飲むコーヒーが美味しいのか私がオススメするコーヒー豆をご紹介します。

土居珈琲

土居珈琲はコーヒー通販で最高峰のコーヒーを味わえます。

今回私は,みなさんに甘味と酸味を味わってほしいので
中挽をオススメします。

中挽で飲むことで,コロンビア本来の味わいを楽しめます。

チェックポイント

 中挽
 上位3%の豆だけで挽いたエメラルドマウンテン
 ちょうどいい200g

BEAR’S

私は2袋あるコーヒー豆の1つをストレートで淹れてコロンビアのコーヒーを楽しむのに使い
2つ目はブレンドとして,自分の好きなコーヒーを作る時に使うと
一石二鳥ですね!

チェックポイント

 直下焙でコーヒー豆本来の味を味わえる
 香りをキープするアロマブレスパックに入っているので新鮮
 300g(30杯)を飲むことが出来る

まとめ

 

今回はコロンビアのコーヒーについてお話ししました。

 

世界で3位の生産量を誇るコロンビアをぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

独特な味と香りでハマると思います。

コメントを残す