コーヒー道具一覧から探す

なんで同じ豆でコーヒーの味が違うの?味わいと香りを決める5つのポイント!

コーヒー好きのみなさんは,買ってきた豆を挽いて自分で淹れて飲むことが多いと思います。

それ以外にもカフェにいったときに飲むコーヒー。

 

みなさんはいつも同じ味ですか?

自分で淹れたコーヒー,カフェで同じコーヒーを飲んだときに多少の違和感を感じたことも少なくないはずです。

 

それもそのはず,コーヒーとは同じ豆でも

まったく違う”味・香り”にすることが出来てしまいます。

 

逆に言えば,

質の低いコーヒーでも工夫次第で自分の好きな味わいに変えることも不可能ではないんです!

 

ってことで,今回はコーヒーの味を変えるポイント5つをご紹介していきます。

 

コーヒー豆にはたくさんの成分が入っている

あなたがいつも飲んでいるコーヒー豆1粒の中には,

100種類以上もの成分が入っています!

 

有名なものだと,

カフェインだったりポリフェノールだったり・・・まぁたくさんあるんです!笑

 

人間が舌で感じることの味覚は,苦味と酸味なんです。

 

他にも甘味などは鼻やのどごしといった舌以外の場所で感じ取っていることが多いんです!

 

そして,舌で感じている酸味や苦味は工夫することで変えることが出来ます。

 

なので,自分の好きな味に近づけること・嫌いな味を省くことが可能なんです!

 

ということで,早速コーヒーの味わいを変えてしまう5つのポイントをご紹介していきます。

1.焙煎度

みなさんは焙煎をしたことがありますか?

コーヒーの”生”豆という焙煎前の段階から焙煎をしてあげることで,みなさんがよく見るこげ茶色のコーヒー豆の姿になっていきます。

 

なので,あまり自分で操作することが出来ませんね・・・

 

ですが,コーヒー豆を買うときに覚えておいて欲しいことは,

 焙煎が浅煎り(短時間で焙煎をやめること)と,色が薄くなります。

すると,酸味が強くなり酸っぱいコーヒーになる。

 

 焙煎が深煎り(長時間焙煎すること)と,色が濃くなります。

すると,苦味が強いコーヒーになる。

 

イタリアンローストとか聞いたことはないですか?

あれは焙煎の度合いについて表している言葉なんです。

 

なので,

自分で焙煎をしようと思っている人はぜひ自分の好みの焙煎度を把握しておくと自分に合ったコーヒーに近づきます。

 

でもコーヒー豆によって焙煎度の向き・不向きがあるので

プロに任せた方がいい!っていう部分はありますね。

2.粒度

 

粒度というのは,

コーヒー豆から粉状にするためにミルを使って削るときに仕上がるコーヒー粉の大きさです。

 

粒度もコーヒーの味や香りに影響してくる要素になります。

 

多くの人は,

淹れ方によってある程度粒度を変えていると思いますが,粒度についてはかなり細かくまでこだわった方がいいですよ。

 

少しの違いでも,コーヒーにかなり影響してくる要素になりますから!

 粒度が大きいと,

一粒の体積が大きいのでお湯に溶ける時間が速く酸味が強い

 

 粒度が小さいと,

一粒の体積が大きいのでお湯に溶ける時間が遅く苦味が強い

 

という違いがあります。

 

お湯に溶けるまでが長ければ長いほど,コーヒーの成分や香りがたくさんコーヒーとなって

滴るのでコーヒーがどんどん味・香りともに強くなっていくんです。

 

また味にこだわるなら手動ミルを使うことをおすすめします。

遅い分味わいや香りが逃げにくいので,かなり美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。

3.コーヒー豆の量

 

一回で飲むために使うコーヒー豆の量ですね。

コーヒー豆が多くなれば,自動的にコーヒー粉も多くなりますよね!

 

コーヒー豆の量が多くて水の量も多いとなにも変わりませんので,同じ量の水に対するコーヒー豆の量ということを頭に入れておいて下さい。

 

これは予想できる人もいるかと思いますが,

 コーヒー豆の量が多いと,

水に対するコーヒー成分の量が多くなるので,苦味が強くなる・味が濃くなる

 

 コーヒー豆の量が少ないと,

水に対するコーヒー成分の量が少なくなるので,酸味が強くなる・味が薄くなる

 

実践している人も多いと思いますが,

苦いのが苦手な人はコーヒー豆の量を減らしてスッキリさせる。

苦いのが好きな人はコーヒー豆の量を増やしてガツンとさせる。

 

この2つで味は簡単に変えることが出来ます。

4.お湯の温度

 

実は,コーヒーはお湯の温度でも味が変わってきます。

 

では,なんでお湯の温度によって味が変わるかというと

 酸味成分は低い温度でも溶けて酸味となる

 苦味成分は高い温度でないと溶けない。

という特徴があるからなんです。

 

なので,いつも苦くて困っている人は80°前後でコーヒーを淹れてみて下さい。

 

かなりコーヒーの苦味がなく酸味の強いコーヒーに仕上がります。

5.抽出する時間の長さ

 

抽出する際にはドリッパーやフレンチプレス,サイフォンなどを使うと思いますが,

抽出する時間でコーヒーの味は変わります。

 

 抽出時間が短いと,

苦味成分が溶けないために酸味が強くなる

 

 

 抽出時間が長いと,

苦味成分がより溶け出すために苦味が強くなる

といった特徴があります。

 

上のお湯の温度と抽出時間から

苦味成分は熱くて長く抽出すると出てきます。

酸味成分は80°前後で早い段階で出てくるという特徴も掴むことが出来ますね!

 

まとめ

 

今回はコーヒーの味を変える5つのポイントについてお話ししました。

 焙煎度

 粒度

 コーヒー豆の量

 お湯の温度

 抽出する時間の長さ

で味を変えることが出来ます!

 

普段飲んでいるコーヒーもこれを意識するだけでだいぶ自分の理想的な味わいに近づけることが出来るはずです!

 

ということで,よいコーヒーライフを・・・

 

では,また・・・

 

 

コメントを残す